NEXCO 株式会社Ligaric

お問い合わせ

Q&A

HOME > Q&A

ウルトラファインバブル技術について

Qウルトラファインバブルとは何ですか?

A 液体中にあるナノサイズの気泡。
直径が1μm以下でブラウン運動をしている気泡をウルトラファインバブルといいます。

Q測定方法は?

A 現在は、ベックマン・コールター様と日本カンタム・デザイン様の測定機器にて計測しております。

●ベックマンコールター社
精密粒度分布測定装置 コールターMultisizer 3

電気抵抗法を利用した原理で、粒子が感応領域を通過する際に生じる2電極間の電気抵抗の変化を測定します。

レーザー回折散乱法 粒度分布測定装置 LS13 320

粒子に光があたると、光は回折したり散乱したりします。その回折/散乱光の強度パターンは粒子の大きさに依存するので、回折/散乱光の角度により異なる強度パターン(強度分布)を観測しFraunhofer(フラウンホーファ)回折理論やMir(ミー)散乱理論を用いて、粒子径分布を求めます。
レーザー回折散乱法 粒度分布測定装置 LS13 320

●日本カンタム・デザイン株式会社

ブラウン運動解析式ナノ粒子測定装置 Nanosightナノ粒子解析装置「NanoSight(ナノサイト)」は、ナノサイズの粒子の『粒子径』および『粒子数(濃度)』の解析を可能とします。NanoSight はナノ粒子を可視化し、観察されるブラウン運動の様子から解析を行います。これにより、粒子数の測定、多分散サンプルの測定を可能とし、粒子の凝集状態、それらの粒子数および時間経過による変化についてデーターを得ることができます。

  • LM10
    LM10
  • NS500
    NS500

Qウルトラファインバブルはどのくらいで消滅しますか?

A 当社の技術で生成されたウルトラファインバブルは使用する液体や気体や保存方法等にもよりますが、4ヶ月以上存在しているというデーターもございます。

Q他社製品(技術)との違いは?

A 私共が他社製品(技術)に対してコメントする立場にはありません。他の技術との比較等はお客様自身でご判断ください。ご判断いただくためにご説明させていただける十分なお時間を頂戴出来ましたら幸いです。社内にウルトラファインバブルの生成をご覧いただ行けるようデモ機をご用意しておりますので、実機とウルトラファインバブル水をご体感ください。

Q価格は?

A ご検討いただいている用途、環境に合わせカスタマイズ出来ますので、それに応じてお見積りさせていただきます。

Q納期は?

A ご注文いただいてから60 日いただいておりますが、仕様により変動します。

Q使用可能な気体・液体は?

A SUS304、SUS316 を腐食させないものとなります。
液温、粘度、可燃性等に関してはお問い合わせください。

Qレンタルできますか?

A 使用できる気体、液体に制限はございますが、有償にてレンタル機をご用意しております。
最長で1 ヶ月間、短期で5 日間となりますので、まずはご一報ください。

Q第三者へ販売したいのですが?

A 現在のところ、第三者への販売目的での購入はできませんのでご了承ください。
販売代理店等の募集もしておりません。

Qサンプル水の提供は?

A 現在は如何なる場合においてもサンプル水のご提供は行っておりません。まずは、この技術のご説明と合わせ、ご検討いただいている用途先への可能性を含めたお打ち合わせをさせていただけますようお願い申し上げます。

Qテストピース試験はできますか?

A 基本的には可能ですが、その内容を十分確認させていただけますようお願い申し上げます。

活用分野と事例 多様な分野で活躍が期待されています

お気軽にご相談下さい
↑ここをクリックしてください↑