活用の可能性

ホーム > 活用の可能性

さまざまな分野で活用の可能性があります

ファインバブルは、われわれが日常目にするよりも小さい泡です。具体的には直径100μm(0.1mm)より小さな泡をファインバブルと呼びます。さらに1μm以上100μm未満をマイクロバブル、1μm未満をウルトラファインバブルと呼び区別しています。マイクロバブルが入った水は白濁して見えることがありますが、ウルトラファインバブル水は透き通ってみえます。この呼称は国際標準として2017年に制定されました(ISO20480-1:2017)。ファインバブル技術は日本が世界に先行して見出した革新的技術であり、様々な分野で技術開発に感心が高まっています。

各種清掃|トイレ清掃・ビルメンテナンス

高速道路では休憩施設において環境や清掃員にやさしいトイレ清掃として、活用されています。高速道路での休憩施設清掃実績を踏まえ、ビル清掃等へも展開されはじめています。

塩分洗浄|橋桁洗浄・車両洗浄

構造物の延命化に寄与する塩分洗浄として、更には、高速道路の雪氷作業車両にも活用されています。

排水処理|水質浄化・土壌浄化・汚泥減容化

上下水処理や湖沼の水質改善、土壌汚染の浄化など、小規模の水槽から、池・湖沼・河川など大小様々な規模で実施されています。高速道路の休憩施設においては、下水汚泥の減容化にも活用されています。

製造業|部品洗浄・配管洗浄・排水処理

各種製造ラインでの洗浄工程、工場の配管洗浄や排水処理での活用により、洗剤やリンス水の削減、作業を効率化する事が可能となります。

医療|洗浄・殺菌・培養・投薬

医療器具や患部の洗浄·殺菌など、医療分野での活用が検討されています。

農業・林業|水耕栽培・作物洗浄・鮮度保持

水耕栽培等での収量増や生産サイクルの改善、作物の洗浄工程の効率化に、活用が検討されています。

漁業|養殖・魚介洗浄・鮮度保持

養殖での死魚の減少・成長促進による増産、魚介洗浄の効率化、鮮魚や活魚輸送における鮮度の維持に活用されています。

健康・美容|温浴・美肌

足湯や温泉施設における温浴効果を高め、皮膚洗浄などに活用されています。


ウルトラファインバブル技術にトライしてください

企業・研究機関の皆さまには、ぜひこの技術の活用にトライしていただきたいと願っております。

各種製品・会社情報に関するお問い合わせはこちらから

Back to Page Top