作用と効果

ホーム > 作用と効果

作用

水の機能『溶かす+混ぜる+はがす+流す』をさらに高める

電気的作用
気液界面がマイナスの電位を帯びるため、プラスの電位を帯びた電解質イオンや汚れを吸着します。
衝撃圧力作用
表面張力により気泡径が小さくなるほど内部圧力が上昇し、気泡崩壊に伴う衝撃波が大きくなります。
界面活性作用
液体の表面張力が弱まり浸透性が増すことで、液体や気泡を隅々まで行き渡らせることができます。
持続作用
取り巻く電位や電解質イオンにより気泡が安定化し、長期間液体中に留まって気泡(気体)の効果が持続します。

効果

洗浄効果

ウルトラファインバブルの界面活性作用やバブルが消滅するエネルギーによって微細な隙間にも浸透しやすくなり、汚れを剥離することができます。

気体封入効果

目的に応じた各種ガスをバブルに封入し、ウルトラファインバブルの機能を付加することができます。

封入するガス種と用途/効果
気体の種類 用途/効果
Air(空気) 洗浄、清掃、水耕栽培
O2(酸素) 魚の養殖、微生物活性、溶存酸素増加
O3(オゾン) 酸化、殺菌、高度水処理
CO2(二酸化炭素) 血流促進、中和処理
N2(窒素) 酸化防止、鮮度保持

生理活性効果

農業においては水耕栽培に使用する事で、根から養分を含む水を吸収しやすくなり、植物の成長が促進された事例もあります。また、魚の養殖では養殖池の溶存酸素量を高めて、生産性が向上された例もあります。

環境負荷低減効果

洗浄、殺菌などにおいては、洗剤や化学薬品の使用量を大幅に削減された事例もあり、環境負荷を大幅に低減する事ができます。

その他の効果

ウルトラファインバブルを水以外の液体に生成する事で、液体自体の性能・効果を付加させることも可能です。また、各種ガスを用いることで活用の範囲は大きく広がります。例:アルコール水、処理水、微酸性水、アルカリ電解水など

各種製品・会社情報に関するお問い合わせはこちらから

Back to Page Top